バッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディ( Bach Flower Remedy ) とは、お花のエネルギーで心や感情のバランスを取り戻す、自然療法です。1930年代に英国の医師エドワード・バッチ博士によって作られました。

彼は、高名な細菌学者であり、医者であり、ホメオパスでもありました。患者の声に耳を傾け、病気の根本の原因は感情や、心の乱れからの影響にあると考え、新しい治療法を模索している時、彼自身が幼い頃から好きだった野生の植物に心や感情を癒す力があることに注目し、長い年月の末彼独自の38種類のレメディを完成させました。

私たちには(動物も含め)38種類の感情があると言われています。カウンセリングを通じて、お客様の今の心理状況に合うレメディをお作り致します。

お作りしたレメディーを毎日2ー3週間とって頂くことで、ストレスや悩みを軽減するサポートになります。

花のエネルギーには、整った周波数があるといわれ、それらレメディを取り入れる事によって、精神面や感情面に作用し、感情を自然でノーマルなバランスのとれた状態に保ってくれるのです。

英語で病気は“dis – ease”で、楽ではないとか、困難な事と云う意味でもあります。

バッチ博士によると、それは、ネガティブな感情面(欠点)との関わりがあり、それを自分の中で見つけ出し、打ち破る長所を真剣に養うことが病気の予防にも回復にもなるといいます。

ネガティブな面と戦うのでなく、反対の長所(ポジティブ面)を溢れさせることで、ネガティブ面は私達の気質から一掃されるのです。

バッチフラワーレメディーの効果:

感情のコントロール。気持ちが元気になる。恐れを克服していけるように。身体と心の安らぎに。

*レイキフラワーでは、アルコールフリーのレメディと保存液はベジタブルグリセリンを使用しています。