直傳靈氣

直傳靈氣

直傳靈氣療法とは –  Jikiden Reiki Healing  –

1922(大正11)年、肇祖臼井甕男先生によって開発された、心身改善を目的とした手当てによる癒しの技術です。

宇宙(太陽)からの靈氣(エネルギー)を受け取り、施術者(ヒーラー)が自分の身体を通して増幅し患者に与える作業です。
手を当てる、かざす事で、未知なるエネルギーによって患者自身の持つ自然治癒力を目覚めさせます。

靈氣エネルギーについて

宇 宙から絶えず靈氣エネルギーが発生しています。そのエネルギーは物理的なエネルギーと比べて圧倒的に速く、しかも微細に振動しています。それは「サ トル(微細)エネルギー」とも呼ばれ、施術者は宇宙から靈氣と波長を合わせることが大切になります。

患者には、靈氣を受ける能力を持っているのですが、病人というのはその能力が冬眠状態なのです。だから施術者の身体を通して、そういった能力を目覚めさせる働きをするのが靈氣療法なのです。

直伝靈氣は、病腺に直接働きかけるのでとてもパワフルです。

病腺とは、身体がバランスを崩して不調が蓄積している場所から出ているマイナスのエネルギーです。その部分に血液やリンパ液が滞り、それが「しこり」となってあらわれます。それによって身体の痛み、しびれなどの苦痛を感じたりするのです。手当てによって、そのしこりをほどき、和らぐまで重点的に施療していきます。

直傳靈氣と西洋レイキの違い

西洋レイキの由来

一 般に言われるレイキ・ヒーリングは日本発祥の、世界的な癒しの技法です。レイキは、大正末期に臼井甕男(うすい みかお)先生(1865年 ~1926 年)が創始した『霊気療法』が源流ですが、日本からハワイへ伝わったものが,『ウスイレイキ』の名でアメリカから世界各地に普及し、その後、日本に逆輸入 されてきました。

英国では、『REIKI』と辞書にも登場するほどポピュラーなものとして認知され、先進医療の現場にも 活用されています。『ヒーラーやセラピストを目指す人の必須科目』とも言われるだけでなく一般市民にも多く学ばれています。

直伝靈氣の由来

直傳靈氣は、昭和13年に海外レイキの祖林忠次郎直伝で靈氣療法を学んだ山口千代子さん家族が、60年以上もの間、靈氣療法を実践し、現在も施術、霊授を実施している日本生まれ、日本育ちの心身改善臼井靈氣療法です。

直伝霊気の効果:

痛みに。内臓の不調に。頭をすっきりさせる。感情のバランスに。心と身体の安らぎに。  免疫力を高める。解毒作用などに。

お客様の症状に合わせた施術を行っております。

こちらは、カスタマイズセッションの例です。

  • お母さんとお子様への直伝霊気セッション
  • 免疫力を高めるセッション
  • 身体の痛みを和らげるセッション
  • 頭をスッキリさせるセッション
  • ディトックスセッション

 

*直伝霊気療法は、医療行為ではありませんので、診断や治療が必要な方は医療機関を受診してください。

*お客様の状態によりセッションの効果は異なりますのでご了承下さいませ。